魔法少女リリカルなのは

フィギュアというものが美少女キャラを中心にしているとの中で、次に取り上げるのはまさに女の子という言葉が当てはまる登場人物『魔法少女リリカルなのは』について話してみよう。作品自体は、アニメ化を3度し、現在ではテレビアニメをリメイクする劇場版が公開される程の人気作品であり、魔法少女ものを謳いながら劇中で行われる作品名とは似つかないような迫力あるバトルシーンが繰り広げられ、人気声優の起用もあいまって今でも大ヒットを飛ばす作品だ。実はこの作品、前項の『Fate stay night』のPCゲーム発売と、放送時期が被っており、しかもこの作品の誕生の由来もそもそもは成人向けPCゲームから派生した作品なのである。作品自体の世界観はまるで違うものの、後に大ヒットする作品が同年に二つも誕生していたと言うのはなんとも数奇な運命の巡り会わせかと思うほどだ。さて、なのはシリーズもやはりキャラクターが魅力的な作品ではあるが、主要登場人物のほとんどがタイトルの通り小学生なのだ。少女のフィギュアとなればオタク層には大変受けがいいのだ、なぜかと聞かれても困るが一ついえることは『小学生というスキルが最強』ということなのだ。意味が分からないならば深入りしない方がいいだろう。そうなると同じ頃の年代の『プリキュアシリーズ』も上がってくるが、元々なのはシリーズは対象とする年齢層が『プリキュアシリーズ』とは違い、若干上の層を意識しているのだ。また放送されていた時間帯も深夜枠でもあったために、プリキュアとなのはではお客さんとするターゲット層が違ってくるのだ。そんな中でなのはシリーズを取り上げるのだが、作中で最もフィギュア化がされているキャラとすれば主役の『高町なのは』と『フェイト・テスタロッサ』の両名だろう。他にも多くのキャラがフィギュア化しているが、今回はこの両名に焦点を絞ろう。

アキバの名所

部屋を使う前に、必ず設備に異常がないか、床・壁・天井などに傷や汚れがないかを確認してください。 宇都宮の不動産これは、退室時の原状回復の費用負担を決める重要な資料となります。 不動産の事は朝日商事にお気軽にご相談下さい。

『高町なのは』

何と言っても、タイトルにもなっている主人公である高町なのはという存在は、典型的な魔法少女と言ってもいいだろう。しかしその可愛らしい容姿とは違い、魔法少女として使われる魔法の数々は破壊抜群であり、時に『白い悪魔』というなんとも悲しい異名まで付けられてしまったほどだ。高町なのはのフィギュアで人気が高いものと言えば、やはり魔法少女姿のものだ。王道中の王道を行っているものの、作中で放たれる魔法の威力を鑑みるとそのアンバランスさが逆にファンを魅了している。そういったフィギュアの場合、大抵は真剣な顔つきのものが多く、笑顔を浮かべているものは中々少ない。そんな中で、やはりここでも一番くじで商品化がなされており、その中になのはのフィギュアもあるが今までの商品にはない魔法少女姿の柔らかな表情を浮かべている姿に多くのファンが魅了され、争奪戦が繰り広げられた。作中、なのはが成長して青年期の姿も人気を得ているが、この作品の特性上、やはり幼い頃のなのはが好ましいというユーザーもいるだろう。余談ではあるが、このキャラの人気は演者で、女性声優としては不動の人気を築いている『田村ゆかり』という存在も大きいだろう。アニメ伽羅というものは常に声優とリンクしているところがあり、それを切り離していけるほど簡単な存在ではないのである。

萌キャラ大集合!

『フェイト・テスタロッサ』

作中、初登場時はなのはの敵として立ちふさがり、やがて無二の親友として活躍していくもう一人の主人公であるフェイト・テスタロッサも人気あるキャラの一人だ。姿格好は魔法少女らしいのだが、魔法少女のシンボルとも言える杖は鎌の形をした魔法少女の持ち物とは思えないものになっている。こちらも魔法を放てばビルが倒壊すると言うことがほとんどであり、武器の活用方法も鎌として用いることが多く、なのは同様魔法少女らしからぬアンバランスさに惚れるファンも多い。キャラとしても王道で、金髪の少女という派手な外見とは裏腹に、その瞳に宿るのはどこかさびしげな表情を思わせるといった影の要素もこのキャラの人気に拍車をかけているだろう。自らの目的のために手段を選ばない戦いぶりだが、内に秘めた思いとは裏腹な行動でやがて自分を苦しめていくことになる過酷な運命を背負うことになるという薄幸さがこのキャラの人気を後押ししていることもある。またまた余談を語るが、こちらも現在では声優としても歌手としても大成を果たしている声優『水樹奈々』が好演している。美少女フィギュアとなれば、何も一定数の年齢のキャラが対象というわけでなく、単純にキャラ人気をして高くまたは商業品として成功を収める可能性を持っているかどうかということにあるだろう。このなのはシリーズの登場キャラクターは上記主役二人以外にも、数多くフィギュア化されており、その出来の良さに稀少品となっているものも多く、入手困難となっているもののため、やはり時間と労力、そして財力がものを言ってくることになってしまう。